白内障の症状・治療を知る

加齢とともに見られる白内障

白内障でも最も多いのが「老人性白内障」で、80歳の方ではほとんどの方がこの症状になるといわれています。
これは歳をとるにつれて目の水晶体が白っぽく濁ってくるのが原因ですが、そもそも「なぜ濁ってくるのか?」が分かっていないのが現状です。
まだはっきりとは分かっていませんが、水晶体の細胞のつながりが弱くなったり、水分の通りに異常が現れることに影響しているのではないかと言われています。

こんな症状になっていませんか?

白内障では次の様な症状が代表的です。

「目のかすみ」
目の水晶体が濁っているため、はっきりと物が見えづらくなり、白く霧がかっているように見えることがあります。

「まぶしい」
明るいところに出ると、まぶしさを非常に感じるようになります。

その他としては「物が二重や三重に見える」「近くが見えやすい」などの症状もあります。
このような症状になると、車の運転は特に危険となりますので、運転は控えるようにしましょう。

その他生活について

目がかすんでくると大変なのが、日常生活でのちょっとしたこと。例えば物の片付けや処分も行いにくくなります。
そんな時は不用品処分業者などの代わりに作業を行ってくれる業者に任せる方が安心で安全です。例えばこちらのアフターズクリアという会社は、埼玉県などの遺品整理業者としても行っているお勧めの会社です。
不用品回収やハウスクリーニングなどの業務も行っていますので、物が見えづらくて片付けや掃除をしづらい時にはこのような会社を考えてみるのも一つの方法です。

白内障について

白内障の症状

白内障の手術

白内障の予防

リンク集

Copyright(c) 白内障の症状・治療を知る All rights reserved .