白内障とは?メカニズム

白内障の症状・治療を知るトップ > 白内障について > 白内障とは?メカニズム

白内障とは?メカニズム/白内障について

白内障とは?

白内障とは、老化やその他の原因で、眼の水晶体が白く濁ってしまう病気です。眼の水晶体が濁ると光が網膜に届かなかったり、乱反射によって正しい像が網膜に結べなくなる、などの障害が起こります。白内障は病状が進行するにつれて物が見えにくくなり、痛みはありませんが治療せずに放っておくといずれ失明してしまう病気です。


白内障のメカニズム

正常な水晶体は透明で、光をよく通します。しかし、老化など様々な原因で水晶体の中身のたんぱく質が変性し、濁ってくることがあります。本来透明である水晶体が濁ると、光がうまく通過できなくなり、光が乱反射して網膜に鮮明な像が結べなくなります。白内障は、ちょうどカメラのレンズが濁るとファインダー像や写真の写りが悪くなるように、はっきりとした像が結べず、物がぼんやり見えるなど、視力が低下する病気です。

白内障について

白内障の症状

白内障の手術

白内障の予防

リンク集

Copyright(c) 白内障の症状・治療を知る All rights reserved .