緑内障について

緑内障について/白内障について

緑内障とは?

緑内障は、眼圧(眼球内圧)によって、眼球の後ろにある視神経が圧迫されて障害を起こし、次第に視野が狭くなり、最終的には失明の危険性もある眼病です。治療薬なども開発されておらず、視神経は一度障害を受けると回復しませんので、とても怖い病気です。


レンズに相当する水晶体

人の眼は、よくカメラに例えられますが、カメラのレンズに相当するのが水晶体です。水晶体は直径9mm、厚さ4mmの凸レンズの形をしていて、膜に包まれています。水晶体の中身は、透明な組織でたんぱく質と水分から構成され、「皮質」と「核」に分かれていて、正常な水晶体は透明で、光をよく通します。

白内障について

白内障の症状

白内障の手術

白内障の予防

リンク集

Copyright(c) 白内障の症状・治療を知る All rights reserved .