白内障の種類と原因

白内障の症状・治療を知るトップ > 白内障について > 白内障の種類と原因

白内障の種類と原因/白内障について

白内障の種類

白内障には、1、加齢とともにおこる老人性白内障。2、生まれつき水晶体が濁っている先天性白内障。3、糖尿病による糖尿病性白内障。4、副腎皮質ステロイド薬の長期使用によって生じるステロイド性白内障。5、放射線を浴びることによっておこる放射線白内障。6、ぶどう膜炎などにともなう併発白内障。7、けがによる外傷性白内障など、様々なものがありますが、多くは加齢による老人性白内障です。


白内障の原因

白内障は、はっきりした原因がなく発症する病気です。白内障は眼の水晶体が白く濁り、視力が落ちる病気ですが、水晶体の白濁の原因は、老化によって水晶体に含まれるたんぱく質が酸化することで起こると考えられます。水晶体内のたんぱく質が酸化することによって変性し、透明な水晶体が濁ることで、物が鮮明に見えなくなっていくのです。

その他の白内障の原因

老人性白内障以外の白内障では、眼に受けた外傷、コルチコステロイド薬など特定の薬の長期使用、長時間の眼周辺へのX線照射、眼の炎症性疾患や感染症などが白内障の原因となることがあります。また、白内障は糖尿病などの病気の合併症として発症することもあります。他には瞳の色が濃い人、直射日光に長期間さらされてきた人、栄養状態が良くない人、喫煙者には、白内障が多くみられると言われています。

白内障について

白内障の症状

白内障の手術

白内障の予防

リンク集

Copyright(c) 白内障の症状・治療を知る All rights reserved .