白内障の症状(失明など)

白内障の症状・治療を知るトップ > 白内障の症状 > 白内障の症状(失明など)

白内障の症状(失明など)/白内障の症状

白内障の症状

白内障と一言で言っても、軽度なものから重度なものまで様々な症状があります。目がかすむ、 目やにが出る、見えにくい、新聞が見えにくい、夜運転しにくい、二重にみえる、視力が下る、光がまぶしい、眼鏡が合わない、目が痛い、ごろごろする、近くが見えるようになる、など様々な症状の訴えがあります。軽度の白内障の場合、視力の低下やまぶしさなどの症状を感じる程度ですが、症状が進行し重度になった場合、明暗しか判別できない状態になるまで視力が低下してしまいます。


白内障の第二段階

水晶体の濁りが中心部に広がると、「光がまぶしく感じる」「目がかすむ」などの症状が起こり、次第に細かい文字が読みにくくなります。白内障になっても、目の充血や痛み、目やになどはみられません。白内障の人はたいては老眼もあるので、そのせいだと思いがちですが、水晶体が濁っているので、いくら眼鏡をかけても、視力を出すことはできません。中心部(核)から濁り始めると、一時的に近くが見えやすくなることがあり、その後「目がかすむ」ようになります。中度では視界全体にモヤがかかったり、ものが二重に見えるようになったりして視力が低下します。

白内障の第三段階

重度の白内障では、目の中の水晶体が白く濁るなど、見た目にも症状が見られるようになります。水晶体が濁ってしまうと、目に光が入った時に光が散乱し、太陽が出ている昼間などに外に出ると、非常にまぶしく感じるといった症状が出ます。水晶体の濁りが進み、目が白くなってくると、まぶしさを感じると同時に、物が見えづらくなり、視力0.1以下と極端に視力が低下します。

白内障の第四段階 失明

白内障を治療せずに放置しておくと、最終的には明暗しか判別できない状態になってしまいます。白内障は一般的に何年もかけてゆっくり進行すると言われていますが、進行する速度は人によって様々です。通常加齢性白内障であれば、数年から20年ほどかけて進行していきますが、現在日本で失明している人口のうち、白内障が原因での失明率は50%で、最も失明につながりやすい病気とも言えます。

白内障について

白内障の症状

白内障の手術

白内障の予防

リンク集

Copyright(c) 白内障の症状・治療を知る All rights reserved .