糖尿病性白内障・併発白内障の症状

白内障の症状・治療を知るトップ > 白内障の症状 > 糖尿病性白内障・併発白内障の症状

糖尿病性白内障・併発白内障の症状/白内障の症状

糖尿病性白内障

内科的な病気によって白内障が起こる場合もあります。最大の原因は糖尿病です。高血糖が続くと、アルドースという還元酵素の働きによって、ソルビトールという物質が水晶体に蓄積し、濁ってしまうためです。糖尿病性白内障は、白内障の治療だけでなく、進行を遅らせるための血糖コントロールや、眼底出血など網膜症の管理も重要になります。この糖尿病性白内障の症状の進行スピードは、通常の白内障よりもおよそ10倍進行が速いというデータもあります。また、糖尿病だけでなく、低カルシウム血症、甲状腺機能低下症、ガラクトース血症などが原因となることがあり、代謝性白内障と呼ばれています。


併発白内障

併発白内障は、他の目の病気に伴って発症するケースです。例えば虹彩、毛様体、網膜の外側にある脈絡膜を合わせてブドウ膜といいます。このブドウ膜に炎症が起こり、ブドウ膜炎や長期にわたる眼内炎、高度近視などで水晶体に栄養障害が起こることによって白内障を誘発することもあります。また、緑内障や網膜剥離などの眼内手術を受けたことのある目には、白内障が生じやすいと言えます。

白内障について

白内障の症状

白内障の手術

白内障の予防

リンク集

Copyright(c) 白内障の症状・治療を知る All rights reserved .