白内障の手術(超音波乳化吸引術・PEA)

白内障の症状・治療を知るトップ > 白内障の手術 > 白内障の手術(超音波乳化吸引術・PEA)

白内障の手術(超音波乳化吸引術・PEA)/白内障の手術

超音波乳化吸引術(PEA)

白内障の手術は、小さな傷口から濁った水晶体を取り除き、眼内レンズを移植するという努力がなされ、水晶体を大きな塊として取り出すのではなくて、超音波を使って細かく砕き、吸い取るという方法が開発されました(超音波乳化吸引術)。この方法を用いると、3ミリ以下の小さな傷口から手術が可能です。


超音波乳化吸引術(PEA)の手術方法

水晶体は嚢(のう)という極めて薄い、セロファンのような透明な膜に包まれています。超音波乳化吸引術(PEA)では、この膜の前の部分に丸く穴を開けて、中の濁った水晶体だけを超音波で砕いて取り除き、残した嚢の中に眼内レンズを移植します。この嚢は非常に薄い膜で容易に破れてしまうので、その膜を破らずに中身だけ取り除くには熟練を要します。

白内障について

白内障の症状

白内障の手術

白内障の予防

リンク集

Copyright(c) 白内障の症状・治療を知る All rights reserved .