白内障の手術時期

白内障の症状・治療を知るトップ > 白内障の手術 > 白内障の手術時期

白内障の手術時期/白内障の手術

生活に不自由を感じた時が手術時期

白内障の手術の時期やタイミングというのは、人それぞれです。かかりつけの眼科医に相談して決めるのが一番ですが、新聞が読みづらくなってきた時や、急激な視力低下で何度もメガネを作り変えなければならない時、また異常にまぶしさを感じる時など、日常生活に不自由を感じた時は、早めに手術を行った方が良いと思われます。


具体的な手術のタイミング

白内障の手術時期は、自動車運転が必要な人では免許の基準である視力0.7未満で手術が考慮されますし、本を読むのが好きな人には0.4程度の視力で手術が勧められます。また、視力が0.1以下であっても、生活に不自由がなければ、少し手術をのばしてもかまいません。適切に専門の眼科医に相談することをお勧めします。

他の病気がある場合は早めに手術

白内障が進行し、光しかわからない程度まで放置しておくと、水晶体の嚢に小さな裂け目ができ、水晶体内の物質が前房内に漏れ出て、アレルギー性のぶどう膜炎を起こしたり、急性の緑内障になったりしますので、これらの合併症が出る前に手術しなければいけません。また、糖尿病を併発している人や、緑内障の方で白内障の手術を同時にした方が体に負担がかからない場合などもあるので、特に白内障以外の病気がある場合は、専門の眼科医とよく相談しましょう。

白内障について

白内障の症状

白内障の手術

白内障の予防

リンク集

Copyright(c) 白内障の症状・治療を知る All rights reserved .