白内障の手術の種類

白内障の症状・治療を知るトップ > 白内障の手術 > 白内障の手術の種類

白内障の手術の種類/白内障の手術

1、のう外摘出術

一度濁った水晶体を元に戻すことは出来ませんが、手術によって水晶体を摘出し、代わりに眼内レンズを入れれば、視力を回復することはできます。のう外摘出術は、白目と黒目の境の部分を弧状に大きく切開して、水晶体全体を包んでいる薄い膜ののうに孔をあけ、水晶体の内容物を摘出し、のうの後ろ半分は眼球内に残す方法です。以前は、硬い核の部分はそのまま摘出するしかなかったため、のう外摘出術が一般的でした。最近は、角膜の切開部から超音波チップを挿入し、核に超音波をあてて細かく砕き、吸引する超音波乳化吸引術が主流となっています。

2、のう内摘出術

のう内摘出術は、濁った水晶体をのうごと摘出する方法です。以前は摘出中にのうが破れ、内容物が眼球内に残るケースもありましたが、その後、液体炭素ガスで水晶体全体を凍結させる方法が開発され、この手術の主流になった時期もあります。近年では、水晶体を固定する組織が損傷しているといった特別のケースに対して行われています。


3、超音波乳化吸引術(PEA)

白内障の手術は、患者の年齢を問わず可能で、心臓病や糖尿病がある人に対して行っても特に危険はありません。現在、白内障の手術は主に、濁った水晶体を超音波で砕いて取り出し、人工水晶体(眼内レンズ)を入れるという方法で行われています。この手術は、水晶体の中にある固い核に超音波を当てて砕き、それを乳化させたあとに吸引するというものです。その後で、ぽっかり空いた嚢の中に折りたたんだ眼内レンズを挿入します。折りたたみ式の眼内レンズは、嚢の中で自然と広がり、中にすっぽりと納まります。この方法は傷口が小さいので、乱視になる可能性も少ないのです。現在、この方法が多くの病院で採用されています。

4、プレチョップ法

濁った水晶体の中身を特殊な器具を使い、吸い出す前に小さな塊に分け、その塊をひとつずつ超音波で取るという新しい術式がプレチョップ法です。超音波で、水晶体を砕きながら、吸い出します。プレチョップ法の利点は、前もって、水晶体を割っておくことにより、水晶体を吸い出す時間が短縮されます。これにより、眼にかかる手術の負担も、軽くなります。従来の方法では、超音波で核を削るのに何分も時間がかかりましたが、プレチョップ法では、数秒の超音波時間で核を取り除くことができます。これによって、今まで20分以上かかっていた手術が3〜4分ですむようになりました。

白内障について

白内障の症状

白内障の手術

白内障の予防

リンク集

Copyright(c) 白内障の症状・治療を知る All rights reserved .