白内障手術前後の注意・後発白内障

白内障の症状・治療を知るトップ > 白内障の手術 > 白内障手術前後の注意・後発白内障

白内障手術前後の注意・後発白内障/白内障の手術

手術当日の注意

白内障の術後、ずっと安静にしておく必要はありませんが、生活する上でいくつか注意すべきことがあります。基本的には、目をぶつけたり、目に圧力をかけたり、細菌が入ったりしないように気をつけましょう。まず当日は絶対安静です。白内障の手術が終わった直後は、病室で1〜2時間は仰向けになって安静にしておく必要があります。日帰り手術で帰宅する場合も、外出を避け、家の中で静かに過ごし、早めに休んで下さい。

手術後、1週間の注意

手術後、一週間ほどは顔を洗ったり、髪を洗ったりしてはいけません。傷口から細菌が入り込み、感染症を引き起こすことがあります。自分で勝手に判断せずに、医師の許可が下りるまでは我慢しましょう。また、手術後の生活では、しばらく目に負担のかかる作業は控えましょう。少しぐらいならパソコンやテレビをみたり、本を読んだりしてもいいですが、目が疲れないように心掛けましょう。周りの景色をぼんやり見るようにすると、目に負担をかけずにすみます。


定期的に検診へ

手術後はこまめに通院して、手術の経過をきちんと見守っていくことが大切です。少しでも異常を感じたら医師に報告して、早期発見・早期治療を心がけましょう。目の中に入れた眼内レンズとは一生の付き合いになります。手術後は、目をぶつけたり、こすったりしないようにして、自分の目を大切にしましょう。

後発白内障について

手術後、数ヶ月〜数年後にまた、同じように物がかすんで見えるようになる人がいます。白内障の再発のような感じですが、水晶体は手術により除去してしまっているので、厳密には白内障ではありません。これは、手術の際に眼内レンズを固定するために残した水晶体の「後嚢(こうのう)」が濁るためです。これを後発白内障といいます。この濁りは、病院にてレーザーで除去する事が可能です。かすみ等も綺麗に元に戻りますので、心配はいりません。

白内障について

白内障の症状

白内障の手術

白内障の予防

リンク集

Copyright(c) 白内障の症状・治療を知る All rights reserved .